アクセス解析
レンタル掲示板
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP
『帰りたいのに…』
子供の春休みの間、実家に帰るかそれとも今回は帰らずGWにするか
どうしようか?ということを父に相談してみた
父は母に聞いてみたようで母は「帰ってきて~!」と大声で言ったそうです
私はびっくりした
母が大きい声でそんな話せるなんて!
先月私が実家にいたころは痛いとか返事程度だったから。
ということは、少しは元気になってきてるのかもしれない
入院した時はいつ容態が悪化するかは先生でもわからないからと
家族面談の時に延命措置をどうするのかとか、管をずっと体にいれてることによって細菌感染しやすくなるから肺炎を起こす場合があるけど
それでも治療はするのかとか、CT検査をするにも検査中血圧が下がると命取りになるからそれでもCTを撮るかとか。。。
何かにつけ承諾書にサインを求められてきた
いつ急変するかわからない状態だったのに少しは喋れるようになったなんてほんとよかった
今はだいぶ血圧も安定してきているから(といっても80前後だけど)
先生から退院をするように言われている
(ここは救急病院だから)
うれしいことだけど、実際問題それはそれで色々問題が…
母は家に帰りたいといってるようだけど完全介護が必要だし、
もし家に戻るとしてもまた前のように容態が悪いことに気づかないと怖いし、そして父も仕事があるから難しいのだ…
だから、先生に近くの療養型の病院を紹介してもらうことになってるようです
早く見つかればいいんだけどまだ空きがないようです
そして話は戻り、春休みに実家に帰る話です
ほんとは帰りたいんだけど去年の12月から毎月何度も新幹線に乗って帰ってた私。
いつのまにか残高が残りわずか
だから元気そうならGWにしようかと思っていた
親不孝な私…
あ~実家が近いといいのになぁ




スポンサーサイト

テーマ:たいせつなひと。 - ジャンル:心と身体

2007/03/26 16:47 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP
『あれから』
2月1日に救急車で運ばれてからもうすぐ2ヶ月。
最初は酸素マスクに体は管だらけで見てるだけですごく辛かった
お見舞いにきた従姉妹がすっかり変ってしまった母をみて泣いてしまったほどです(私も半泣きだった)

3日程経つと少し意識が戻り始めた
声を掛けるとかすかに返事をするようになった
しばらくすると完璧に意識がもどり目も少しあけるようになった
意識が戻りみんなで喜んでたんだけどそれはそれで辛いことも…
意識が戻ると痛みも感じるようになり「痛い…痛い…」と言う声が
廊下まで聞こえるようになった
その声を聞くのも辛かった
でも血圧も落ち着きはじめ管が1つづつはずせるようになってきた
食事はとれないので口から管を通して直接胃に流しているんだけど
これが痛いらしい
ずっと寝たきりで運動もしてないのにいきなり食べ物が入ってきて
腸が動き出したから痛くなるようです

これが食事です↓↓

20070322085120.jpg


必要最低限の800カロリーのお食事です
これがドロドロしてすぐ止まるから時間がかかってしょうがない
その間ずっと痛がってます

*****************************

救急で入った為内科にいたので呼吸器科へ移る事になりました
ココは新館でとてもきれいです
部屋にはシャワーもトイレも完備の一人部屋です
やっぱり部屋代は高く前の倍で差額ベット代が15000/日になりました
ある程度は保険でまかなえるだろうけど父は大変だろうなぁ…

今日はどうかな?元気になってきたかな?
もうすぐ春休みなのでまた実家に少し帰る予定です





テーマ: - ジャンル:心と身体

2007/03/22 09:03 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP
『遂に…』
2月1日 夕方、兄からメールが来ていたのに気づいた
「今救急車で病院に着いた!
あかん!お母さんもうあかんかもしれへん!今夜が峠らしい!」

遂にこの日がきたのか?!
心臓がバクバクして飛び出てきそうになった
いつかこんな日が来るだろうとは思っていたけどいざ来ると
もうパニックで何がなんだかわからなくなってしまった
とりあえず兄にすぐ電話をして何があったのかを説明してもらった
私はパニックで兄が何を言ってるのかよく理解できないほどだった
病院に着いた時は、血圧が上55下25とかなり危険な状態だった
そして脱水状態であることと血糖値が測定不可能な数値だということだった
救急車を呼んだのはたまたま往診してもらってる先生から連絡があり
母の様子を聞かれ母の状態をつたえると救急車をすぐ呼んでくださいと言われたらしい
特にいつもと変らなかったらしいのであの時先生から電話がなかったら
あのままほっておいたと思うと兄が言っていた
自宅療養をしていたので兄が側にいたんだけど脱水していることにも気づかず、様子がおかしいこともわからなかったらしい
やっぱり素人が介護するのは難しいことなのかもしれない
とにかく電話をきってすぐ荷物をまとめ子供を迎えに行き
新幹線に飛び乗った
実家まで新幹線で2時間半。
どうか間に合いますように。。。!!

↓↓↓頑張る母に応援お願いします!

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 病気ブログへ

テーマ: - ジャンル:心と身体

2007/03/03 00:49 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。